団体保険制度 よくあるご相談

いつでも加入できますか?

できません。募集時期は4月と10月の年2回となっております。

退職後はどうなりますか?

退職者プランをご用意しております。ご退職の時期にご案内いたします。ただし、加入要件がございますので詳細は第一成和事務所までお問い合わせください。

保険金を請求したいのですが、どのように手続きすればよいですか?

文部科学省共済組合ホームページの「団体傷害保険事業専用サイト」にてWEB事故受付をしておりますのでご利用ください。保険金請求類一式は共済事務局担当課・係にご用意しておりますのでお取り寄せください。
記入方法などご不明な点は、第一成和事務所までお問い合わせください。

新規開校しました。資料の請求をしたいのですが、どうすればよいですか?

ご加入条件がございますので、まずは第一成和事務所までご連絡ください。

正課や学校行事でインターンシップを行うことがありますが、学生生徒火災傷害保険(学災)に賠償責任補償が付帯されているので、特にインターンシップ賠償責任保険は加入する必要はありませんか?

学災付帯の賠償責任補償は受託物に対する補償はありません。
(例:学生がインターンシップ先の機械を誤作動して壊してしまった など)
学生生徒が管理する財物や借物等の事故まで手厚く補償するインターンシップ賠償責任保険に是非ご加入ください。
ただし、医療行為に関する実習を行う学科はインターンシップ賠償責任保険へのご加入ができません。
医療分野賠償責任保険にご加入ください。

申し込み方法について教えてください。

加入依頼書と該当生徒の名簿を第一成和事務所までご郵送ください。(FAXではお申込みはできません)
保険料は活動日の前日までに口座に着金するようお振込みください。振込手数料は学校負担となります。
傷害保険のお申込みにつきましては、必ず名簿に活動日をご記入ください。
お手元に加入依頼書等が無い場合は、産業教育振興中央会様ホームページより印刷をお願いいたします。

見積書、請求書が必要な場合、どうすればよいでしょうか?

作成を希望する場合は、いずれかの方法にてご依頼ください。
【Web入力による依頼方法】 (平成30年度よりスタートいたします)
①産業教育振興中央会ホームページを開きます。
②トップページ右上の「インターンシップ等に関する賠償責任保険及び傷害保険のご案内」をクリックします。
③「お見積書・ご請求書はこちら」をクリックします。
④「見積書・請求書発行システム」をクリックします。
※システムの入力や操作方法については、同ホームページのマニュアルをご参照ください。
【FAXまたは郵送による依頼方法】
上記①から③を行います。ページ内にある「見積書・請求書の発行依頼書」をダウンロードします。必要事項を記入のうえ、加入依頼書と合わせて第一成和事務所にお送りください。

保険証書(加入者証)はいつ頃発送されますか?

この保険は証書等は発行いたしません。
下記3点が証書に相当いたしますので、必ず大切に保管をお願いいたします。

銀行の振り込み控え 加入依頼書のコピー 名簿のコピー

中途加入はできますか?

できます。加入月によって保険料が異なりますので、第一成和事務所までお問い合わせください。

保険金を請求したいのですが、どのように手続きをすればよいですか?

・東京海上日動火災保険(任意加入制度)にご加入の方
東京海上日動安心110番までご連絡をお願いいたします。
tel. 0120-119-110(24時間受付)
・損保ジャパン日本興亜(全員加入制度)にご加入の方
学校に配布しております「カンガルー保険(全員加入制度)の解説」をご参照ください。

兄弟も加入できますか?

公立、私立学校に通学している18歳までのご兄弟もご加入できます。
ただし、国立大学附属学校に通学している兄弟の方がカンガルー保険にご加入していることが条件となります。